DSC_0505原本
IMG_1450_edited_edited
20160114084449
11071088_727067134072478_8678768645305715951_n
大塚子供.jpg

スマホでお仕事

12141502_818432541602603_3972682056711007059_n
unspecified
10592698_711987192247139_6213079571929464046_n
1

ママ職

子供と共に過ごしながら仕事をする

ママの新しいワーキングスタイル

無料会員登録に

 

ついてはこちら

子供が寝ている間お仕事

ママたちで助け合ってお仕事

子供が熱で急に仕事を

休まないといけない

どうしよう?

保育園に預けてまで

仕事する気になれない

ママに対する理解が

まだまだ低くて

働きにくい

ママになっても

活躍する場所がほしい

そんなママたちのための新しいワーキングスタイル

ママ職

ママ職のスタッフの大半が

ママだから安心

ママたちでチームを組んで

お仕事をするので

フォローしあえる

仲間ができる

お仕事によって

ステップアップしていけるから

やりがいがある

会員登録について

登録条件:登録はプレママ(妊娠中の方)、もしくはママ(子供さんが何歳でもOKです!)に限りますのでそれ以外の方はご遠慮下さい。地方の方にもお仕事ありますので、関東じゃない方も登録可能です。

ママ職®利用規約個人情報保護方針をよく読み同意した上で右の登録フォームに必要事項をご入力ください。

登録フォームを送信するとママ職から自動返信メールが届きます。そちらに記載されていますURLよりアクセスし、本登録を行ってください。info@office-capybara.comよりとどきますので、ドメイン指定などをしている方は解除をお願いいたします。

自動返信メールが届かない方は迷惑メールに入っている可能性がありますので、届かない場合はそちらをご確認ください。

ママ職お仕事までの流れ

ママ職登録

採用された方には

ママ職から連絡

メールもしくは

サイトから

お仕事情報ゲット

応募フォームで申込

お仕事スレッドに

加わってお仕事開始

 

山崎 恵(Kei Yamazaki)

2003年自分で事業をやるため上智大学経済学部を中退

2003年から5年間サプリメント等の営業販売を代理店として行い、年間30万ドルの売り上げをあげ300人の組織をつくる。

2008年研修・コーチングの会社、株式会社メキキよりプロジェクトリーダーとして引き抜かれ、2年間人の人生に違いを創る研修に没頭し、出産を機に退職。

2010年第1子、女の子を出産。

2012年第2子、男の子を出産。

2013年ママが子供のライフスタイルに合わせて働ける世の中を創るべく、株式会社Capybaraを設立。

2017年東京都女性活躍推進大賞 個人の部優秀賞受賞

代表挨拶

ママ職®原点

​私は2009年8月に娘の妊娠がわかりました。当時授かりたくて子づくりを始めたものの半年間なかなか授かることができず、その中での妊娠だったので、とても嬉しかったです。それと同時に「上司になんて報告しよう。どんな反応をするだろう?」と喜ばしいことなのに罪悪感を抱いたことを覚えています。

その後出産ぎりぎりまで仕事をして2010年4月に娘を出産しました。

 

子供ができたら3歳までは一緒にいてあげたいと思っていました。でも実際子供が1歳になると仕事をしたい気持ちがムクムクとわいてきて、結局葛藤の末仕事をすることにしました。いざ娘を保育園に預けると、朝保育園においていく時に必ず泣く娘を背に「私は何をしてるんだろう?何のために仕事をするんだろう??」そう自分を攻め影で泣くこともありました。結局3ヶ月しても慣れず、仕事の区切りと下の子供の妊娠をきっかけに仕事をやめることにしました。

仕事をやめたらやめたで全てを理解できず自制もできないモンスターのようになっていく愛する我が子にイライラして怒ってしまったり、こんな母親になるつもりじゃなかったのにと自分を攻めたり。承認もゴールもない子供と二人きりの生活に社会とつながって仕事をしたいと思うこともありました。

ママ職®のミッション 

子供と一緒にいながら仕事ができたら!!育児と仕事が共存できたら!

そんな思いがふつふつと湧いてきました。そして、そう思うのは私だけではなかったことがわかったのです。ほとんどのママが、育児と仕事の葛藤にあり、妊娠や子供がいることは喜ぶベきことなのに、社会に子供に罪悪感を感じている。もし、子供ができることを社会的にも喜べて、ママ業と仕事、社会が共存できる世の中になったら!

むしろママだからこそ出来る仕事があって、ママだからこそ作れる

サービスがある。ママということはハンデではなく武器になる。

ママたちが子供を抱えながら仕事を生き生きとできる世の中にすること。それは人生をかけてやるだけのプロジェクトなのではないか。そう思いました。『ママだからこそ!』それがママ職の理念です。

働き方の提案

ママ職®に関わるママの働き方はさまざまでいいと思っています。もちろんずっと子供と過ごして子供が寝ている間や幼稚園の間に在宅で仕事するママもいれば、週2〜3回ほど子供を保育園に預けて仕事するママもいる。

またフルタイムで関わりながらママ職®に関わりながら将来的に独立や転職に向けて動いているママもいれば、あくまで仕事は今の正社員の仕事。それでもネットでの商品開発やママのコミュニティに関わってくれる。

​どんな働き方でもいいのがママ職®の良さです。その分ママたちで協力しあって補い合っていけばいいのだと思うのです。

 

​ママ職®の社会貢献

株式会社Capybaraでは創業時から売り上げの一部を寄付しています。私自身もともとは途上国に対する慈善活動などに積極的に行動にうつすほどの感心はありませんでした。でも子供が生まれて3年ほどたった頃。テレビでアフリカの貧しい子供の姿を見たそのとき、たまらなく心がしめつけられて自然と涙していました。母心は全世界共通だと思います。

Capybaraの社名の由来のようにママたちみんなで子育てをしていくという点で途上国の子供たちも例外ではありません。ですから当社では貧しい国の子供たちの成長を助けていくことに少しでも貢献できたら。そういう思いでこの先さまざまな慈善事業に取り組んでいきます。

 

ママ職®の未来

ママ職®はママたちでサービスを考え流通を起こしていきます。そのサービスが何になるかはママ職®に集まるママ次第!

それはもしかしたら新しいスタイルのキッズカフェかもしれないし、子供服のブランドかもしれないし、斬新なおもちゃかもしれない!!ママだからこそ考えだせるサービスがある!!

 

ママ職®はまだまだ始まったばかりの会社です。みなさんと一緒に子供たちのために、ママたちのために素敵でワクワクするようなサービス、仕事、そして社会を一緒に創っていけたらと思っています。

ママ職®でより楽しくて笑顔溢れるチャレンジングなママライフをお過ごしいただけたら幸いです。

ママ職のママ達の声

譲尾さん(大阪府在住)

子供の年齢 3歳

Qママ職に出会って、登録してみて、実際に働いてみての感想をお聴かせください。

「 私は出産後、勤めていた会社に復帰して正社員としてフルタイムで働いていました。決して働きづらい環境というわけではなかったのですが、自分が特別扱いになっているような状況が心苦しくなっていたときにママ職に出会いました。ママ職の仕組みは私にとって理想の働き方でした。ママ職などがあれば家でも仕事ができると思い、今では家で仕事をするスタイルにすることができました。 」

 

Q将来はどんなライフスタイルを目指していますか?
子供のために何かを犠牲にするのではなく、子供と一緒に人生を楽しめる親でありたいと思っています。そのためにも旅行にしろ趣味にしろ、自分がやりたいと思ったことはどんどんチャレンジしていく人生にしたいですね!「親が人生を楽しんでいれば、子供も自然と人生を楽しんでくれる」と信じています♪

 

Qなんで仕事をしたいのですか?

「もともと仕事が好きだったこともあり、仕事をしないということが自分の中で選択肢になかったかもしれません。子育てがあるから仕事をあきらめるのではなく、子育ても仕事も自分のしたいだけしたいと思っています!その結果、仕事を通して色々な人と関わることができ、楽しみながら子育てもできているように感じます。」

Qママ職に出会って、登録してみて、実際に働いてみての感想をお聴かせください。

「 前職は少し特殊な仕事で拘束時間が長く、さらに通勤時間もかなりかかったので 小さな子供をほぼ丸一日預けるということに少し抵抗があって出産を機に退職しました。 最初のうちは子供が寝ている時間が多く、この時間に何か自宅でできるお仕事ないかなぁ? …と探していて出会ったのがママ職でした。 今では有難いことに色々とお仕事を頂き、空いた時間を見つけてはお仕事させていただいています。 特に韓国ファッションの商品登録のお仕事は、もともと韓国が好きで独身時代にわざわざ洋服を買いに韓国に通っていたのを思い出しながら楽しくやらせていただいてます。 お仕事や講座を通じて娘と同じ年頃のお子さんを持つママさんや、先輩ママさんなど色々な方に出会えたのも嬉しかったです。

 

Q将来はどんなライフスタイルを目指していますか?
「最近ではアクセサリーや子供のコスチュームなどハンドメイドにこっているので 趣味や家事・育児と合わせてお仕事も楽しんでやっていけたらいいなと思っています。

 

Qなんで仕事をしたいのですか?

「難しいですね…(笑) 今までとは全く違ったことに挑戦してみたいという気持ちもあったと思います。 家事や育児も大変な仕事ですが、そういったルーティンワーク以外のところで自分の幅を広げてみたいと思っているので、お仕事を通して新しい体験を探しているのかもしれません。

 

江成さん(神奈川県在住)

子供の年齢 3歳、0歳

玉城さん(東京都在住)

子供の年齢 9歳、7歳、2歳

Qママ職に出会って、登録してみて、実際に働いてみての感想をお聴かせください。

「以前は事務のパートをしていました。 3人目を出産後、辞めることになり子供がいても働き続けられる仕事がしたいと探していたとき出逢ったのがママ職でした。 PCを触るのが好きなので、商品登録の仕事に応募したのが始まりです。 その後、HP作成講座も受講してアシスタントをさせていただいたり、色々な仕事を経験することができてとても楽しく充実した毎日を送っています。

 

Q将来はどんなライフスタイルを目指していますか?

「将来欲しいライフスタイル 実は4人目を妊娠中なのですが、子供が何人いてもその時の状況に応じた働き方で仕事を楽しんで行きたいです。 また、天然石を使ったアクセサリーを作っているのでそちらもネットショップを作って運営する予定です。 大きな話しになりますが、女性の働き方がもっと多様化するように、様々な仕事の形を支援していけたらいいな、と思っています。

 

Qなんで仕事をしたいのですか? 

「仕事をするのが楽しくて好きだからです。 元々ひとつの事に集中するより色々なことを同時進行する方が向いているので仕事も育児も遊びも(笑) 同時進行で楽しみたいです。

【クライアント例】

韓国レディースファッションサイト「Dabagirl」

 

チャイルドハートわかば

税理士法人サムライズ

 

担当者よりご挨拶

ママ職サイトにご訪問いただきましてありがとうございます。

ママ職では、子供がいても働きたい!!でも子育ては出来れば側にいてしっかり見てあげたい!!

どうしたらいいんだろう・・というママの願いを叶える会社でありたい!!

そう思って立ち上げた会社で5年目を迎えます。

 

おかげさまで共感して下さるママが多く会員数も順調に増えており、小さい子供を抱えながらも、

働きたい!!という沢山のママのやる気に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また同時に子育てママの働きにくさも痛感しております。

 

会員になって働いて下さったママから、

少しでも空いた時間に家事・育児以外の時間を持てて良かった!!

同じ位の子供を育てながらなので一緒に頑張れる!!

急な熱でもチームで仕事をしているのでみんなが助け合ってくれるので働きやすい!!

などの嬉しいお言葉を頂ける様になり、もっとママ達の為に喜んでもらえる会社作りをしていかねば!!

と、使命感にかられています(笑)

 

外に出たい!!保育園が無い!!在宅ワークではいまいちお給料が・・・・

そんな気持ちのママを笑顔にさせる会社作りを目指しております。

 

このLPにたどり着いたママ。

・やったー!!見つけたーー!!こういう会社を探してました!!

・隙間時間で稼げるなんて本当?

・何かしたいけど、子育てもままならないのに仕事なんてできるかな・・とお思いですか?

 

全国各地の色々なママが期待と不安の気持ちを抱えて子育てをしています。

登録してるママの多くは『何かしたい』けど何が出来るかわからない・・でも、何か出来るかも!!と、

思って登録してくださっているんだと思います。

高度なスキルや、豊富な経験は必要ありません。

ママの本業は子育てと家族を支えることなので、そちらに全力を注いで下さい!!

 

日々の生活のほんの一部の時間を自分の時間としてママ職でお仕事してみてはいかがでしょうか??

お仕事にもいろいろな種類があり、きっとあなたにぴったりのお仕事があるはずです。

全国のママ達と一緒に楽しいママ職ライフ始めましょう♪

ご登録お待ちしております。

本社

〒107-0062

東京都港区南青山2丁目22−14 

フォンテ青山904

株式会社 Capybara